HOME>ホットトピックス>なくても働けるがあると有利になるものを紹介

目次

CG・イラスト関係は武器

ゲームを作る人

ゲームデザイナーの仕事内容としては、ゲームに出現するキャラクターや装備品などの考案・制作が含まれます。このためにCGやデジタルイラストを作成できる方が、有利なのです。具体的な資格としてはCGクリエイター検定の他に、Photoshop・Illustratorクリエイター能力認定試験、色彩検定などが役立つでしょう。

プログラム関係にも強くなるなら

ゲームデザイナーの仕事の中には、プログラミングやスクリプトの作成と言った業務が入ってくることがあります。流石にゲームの骨格となるようなシステムは組みませんが、ちょっとしたイベントなどの業務は、任されるケースは考えておきたいものです。ここで役に立つ資格は、C言語やJavaプログラミング能力認定試験が挙げられます。これら以外の言語を使うケースもおおいですが、C言語やJavaは基本的に完成度が高いために、これを学んでおくと他のプログラミング言語も理解しやすくなります。

IT関係の専門知識も入手するには

ゲームデザイナーになる上でも、IT関係の知識が豊富であることは、大きな武器になりえます。そこでIT関係の技術を習得できる資格としては、基本情報やオラクルマスターが挙げられるでしょう。情報処理技術者試験はやや難易度が高いものの、持っておくと強みになります。オラクルマスターは認知度・難易度ともに高く、こちらも就職では有利に働くでしょう。最初はより簡易なものを選んでもいいかもしれません。

広告募集中