HOME>注目記事>与えられたチャンスを生かして役どころを実力で掴む

劇団出身か学校出身か

機材

声優の経歴を興味を持って調べてみると、劇団の養成所出身と専門学校出身者に大きく分かれていることがわかります。前者は、もともと俳優を目指していたところ偶然オーディションを受けたら受かったので、なんとなく声の仕事に就いたという人も多いと言われています。その点、後者は声優になることを目指してきた人ばかりなので、とても競争が高いことがわかるのです。実際のところ、専門学校を出ても声優の仕事に就くことができるというのはほんの一握りの人だけです。また、最初から主役級の役が与えられることは稀なケースで、今活躍している人にも下積み時代というものがあります。その下積み時代にどれだけチャンスをものにするかが、声優として活躍をするためには大切なことなのです。与えられた小さな役であったとしても、熱心に取り組むことによってプロデューサーに見いだされて、需要な役を与えられることもあります。

とても狭き門であるということ

マイクとヘッドホン

芸能の世界というのは、実力と運によるところが大きいです。声優の世界も同様のことが言えます。とても浮き沈みが激しく、継続的に良い配役を得られる保証はどこにもありません。とある人気声優が言っていたことですが、声優というのは季節労働者と同じだそうです。アニメや映画の吹き替えが終われば、また次の仕事を探してオーディションを受ける日々が続いていきます。そのため、とても狭き門を勝ち抜いていく根気と実力が求められる世界なのです。ただし、狭い業界ということもあり、縦や横のつながりがとても強いことで知られています。そのため、人気俳優を輩出した専門学校は、業界とのパイプがあることから、優れた人材が集まりやすいとされています。

広告募集中